恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大好きな祖父へ








あれからもう一年










“わしはほんとに運がええんじゃ“






それが口癖だった大好きなおじいちゃん





一年前






もう長くはないと聞いて

祖父に会いに広島に向かいました



久しぶりに顔をみると
かなり痩せてましたが、思ったより元気そうでちょっと拍子抜けするぐらいに




夕食の席で
めずらしく祖父がお酒を飲みました





祖父と一緒にお酒を飲むのは生まれて初めてだったかもしれないです



いつもより饒舌になった祖父と

楽しくいろんな話をしました



仕事の話や思い出話や今までの人生について





ふと



話しているうちに祖父は自分が死ぬ時期をしっているような、そんな感じがして…



食事も終わり
最後に祖父が言った言葉が






我が人生にいっぺんの悔いもない


ただ

わしが先に逝ったら安子(おばあちゃん)に迷惑をかけるのだけが心残りじゃ





そういって笑ってました





まだまだ元気そうだな

なんて


なんだかちょっと
ほっとした気持ちで僕は広島を後にしたのでした






翌日





僕が東京に帰るのとほぼ同時に祖父が亡くなった知らせが入りました





まるで計ったように




祖母からきくと


病院で眠るように安らかに逝ったそうです





わしは運がええんじゃ
わしの親父も祖父もずっと運がええ
だからあんたも間違いなく運がええんじゃよ






僕が小さい頃から

よくそういっては笑ってました











僕はなんとか運よく生きてこれています

おかげさまでここまでこれたのもおじいちゃんの運の強さがあったからだと思っているよ



ほんとに
感謝してもしきれないです










“我が人生にいっぺんの悔いなし“


そうやって胸をはって笑えるように


僕も生きていきます

おじいちゃん。

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。