恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ほさかよう






ほさかよう氏

まぁなんというか
彼は天才なのですが


今までご一緒にお仕事させていただいた中でも間違いなく一流の作家さんです。


世界観がとっっても美しい。


そんな彼がかいた本が小説として発売されました。


僕が彼と出会った作品。




『僕らの声の届かない場所』




スタイリストとしてついたこの現場から公私ともに仲良しさんになりました。


とても素敵な作品で、小説になればいいなと思っていたらなりました(笑)


皆さんぜひ読んでみてくださいね。



僕は今から新幹線の中でじっくり読みたいと思います。

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本屋に行きましたら…



キネマ旬報社さんからアクチュール届きました。


ありがとうございます。


P101に少しですが
ファッションデザイナーとして載せていただいております。


友達の中村たかし君もがっつりと見開きで特集されてます。

うれしすです。



ほさかよう氏も一緒のページに載ってます。


なお、うれしすです。


仲良しさんが一緒のページに載ってるとウキウキしますね。



みなさま、

書店にお立ち寄りの際はぜひ手にとり、何もいわずレジに並んでいただきまして、カフェなどに入りお茶と一緒に嗜んでいただけたら幸いです(笑)



「acteur アクチュール2010SEPTEMBER NO.20」

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

生きる場所





久しぶりにがっつりとセリフがあります。


台本いただきました。




脚本家の石野さんとさしで語り合いました。



自分が仲良くしている人と共に仕事ができることはカケガエノないことですね。


なんだか、とっても嬉しかった。



石野さんも嬉しそうでした。



好きな人達と好きなことができる






自分が生きる場所は


自分が生きたい場所にしないとね。











日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スタイリストの仕事@恵比寿





3日間怒涛のスケジュールでした。


ありがたいことに毎日充実しております。

恵比寿のスタジオに行きましてフライヤーの撮影致しました。


写真2枚目は鶴町ケーンこと“つるちゃん”


僕の初舞台から相方役で、ず~っと仲良しです。



次もカッコよくスタイリングするから板の上で輝いてくれよ☆

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ついに上映!!

DSCF2560.jpg


主演している映画『池袋ヤンキー戦争』が初めて名古屋で上映されます。



僕が脚本に惚れ込んだ監督の映画です。

この現場はホントに過酷なスケジュールで撮影されたのですが、

仲間ととっても仲良くなれて今までで一番思い入れのある作品になりました。

センス、ほんとセンスのある監督さんです。




城定 秀夫監督

『ホームレスが中学生』『くりいむレモン』など

厳しい制作条件の低予算映画を量産しているが、どの作品も高いクオリティーを保っている。

日常の中に突如現れるファンタジー要素や、童謡やクラシックを用いた巧みな音楽表現、

喜劇のようなお約束な展開など、これまでの低予算映画とは一線を画した作風で人気を得ている。





すべてのハンデを利点に変え、すべてのマイナス札をプラスに変えてしまう
                       城定マジックが冴えわたる。

                     ー柳下 毅一郎(映画評論家)ー





城定秀夫監督特集のレイトショーが日替わり2本だてで今上映されてますが、

『池袋ヤンキー戦争』は

8/29(日)と9/3(金)の あと2回上映されます



時間は20:35~

場所は『シネマスコーレ』

 住所:名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1F(TEL052-452-6036)

JR名古屋駅、太閤口通口より西へ徒歩2分。 ミニストップ南側アートビル1F





脚本に惚れてこのスカルズリーダー隼人の役をやらさせていただきました。

いい作品になってると思うので是非観に行ってみてくださいね。







日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ6


なんとか帰ってきました。




すごい渋滞でしたよ。


1時間で1kmも進まなかったんですよ。



しかし


暇な車内の中では
非日常気分を存分に味わい脳を活性化させたクリエーター達が、想像力をフルに活用してクリエイティブなトークに華を咲かせていました。




くだらない内容のトークサーフィンから晴天のヘキレキ!


ねぇ私燻製焼の匂いしない?


え?
あっほんとだ!おいしそう!


ねぇねぇ匂いバーなんてどう?
匂いかぎながらお酒飲めるの!




なんと舞台監督のシホさんがBBQによって燻製焼の匂いがするという、なんともいえない話題からビジネスチャンスが生まれました!


渋滞も捨てたものではありませんね。


思わぬ収穫を持って無事帰宅♪



楽しかった~!!

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ5



はい



ハプニング起こりました。


なんと天野っちのメガネが川に流され行方不明になりました。




主宰天野っちはみんなを乗せる車の運転手なのでメガネがないとみんな帰ることができません。


だんだん日も暮れてきました。


山梨の山奥でこのまま野宿かメガネを見つけるか…



それから



僕らのメガネ大捜索が始まったのだ。




水着の人も私服の人もみんなで捜索


もはや人海戦術です。


でたか~


でないぞ~


そっちはでたか~


でないぞ~


そこ深くなってるから気をつけろ~



めいちゃーーーん!!








もはやみんなの気持ちもあきらめムードになってきたその時、



あったよ~



!!



なんと滝のすぐ手前の岩と岩の間に流れ運よく引っ掛かっていました。


ヤッター!!


一同拍手が起こりみんなでスイカを食べていざ帰宅〓


さてさて無事帰れるでしょうか♪

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ4






川について


スイカを冷やして


BBQの用意をして


みんな子供のように川ではしゃいでます



いい大人達が無邪気に遊んでる姿をみてると


なんだかこれはとっても大切な部分なんだなぁと

いつまでもこう在りたいなぁと

思うのでした。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ3





昨日の続きです〓

コテージです。


露天風呂入って


仲間とBBQしながらおしゃべりする時間は掛け替えのないものですね。




こういう時こそ真剣な話ができるもので

親友達と絆を深めることができました。



気づいたら朝

今は川に向かって車を走らせてまぁす〓

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ2




山梨県 名物


『ホウトウ』

なるものを食べに


ホウトウの老舗”与作“に向かっております〓



皆さん ホウトウはご存知ですか??


ホウトウとは山梨県でとれるブドウなどのフルーツを加工したゼリーみたいなデザートスィーツだよ〓





俳優陣のシュウヤ君は信じていましたが(写真二枚目)

もちろんホウトウはうどん系です


与作に着いて料理が出てきたときシュウヤ君は甘くはないんだねぇとつぶやいてました。


僕も初めて食べましたが、

ほんっとおいしい!!


量が多いのでみんなでシェアしながらいただきました!


このあとはコテージに移動です〓

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーキャンプ1




さぁ

今日から始まりました、


我等が天野っちプレゼンツのサマーキャンプに来ております〓




この忙しい時期、遊びに行くなんて気が引けてしまうところを


みんなで遊べばこわくない〓


という信念のもとに


気心知れたスタッフと俳優陣

総勢16名車3台で山梨県を目指し爆走中です〓



なにやら目的地第一ポイントの滝に到着したようです〓


森をぬけると…秘境が〓

また何処かについたら更新しまぁす〓

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

楽しいは人から

今日は顔合わせ


役者やスタッフ


みんなやっぱりおもしろいわ

何が楽しいって

やっぱ 人だと思う



みんな飛び抜けた感性を持ってる




命かけて関わりたくなっちゃうよね



今日から2ヶ月楽しみましょう
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

誕生日より嬉しいのは

自分の誕生日も嬉しいものだけど


人の誕生日を祝えるのは最も嬉しいな




親友の誕生日でした。


つるとんたんでサプライズに協力してくれたみんなありがとう。

楽しかったね。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

帽子のはなし






ぶらぶらと 幡ヶ谷を散歩しながら帽子について考える




いま 帽子をつくっている



国内でどうしても作りたかったので日本の工場をいくつもあたったのだが


帽子というのはアパレルの中でも郡を抜いて融通の効かないアイテムなのだ



生地や付属はもちろんオリジナルで用意するのだが


問題は形だ


いくら やりたい形があっても帽子というのは型が決まっている

どの工場にも持ち型というのがあって

そこにある金型に合わせてプレスするので微妙な形の変化に対応できないのだ


それに加え

得にハットやキャップというものは

1mm

パターンが変わるだけで出来上がりの印象が全然違う

ツバの広さが5mmもズレてあがってこようものなら

今風のハットのデザインもウエスタンハットみたくなってしまう


それぐらい繊細なアイテムなのだ



なので縫製が信頼できる日本の工場でやりたい



紆余曲折しながら探しまわり


そして


やっと巡り会えた


いまお世話になっている工場はほんとに優秀だ

職人さんがひとつひとつ丁寧に仕上げてくれる

小ロットでこちらの無謀なデザインにも対応してくれる器の広さにも

感服いたします



きっと帽子に対して愛があるのだろうな



モノを創るうえで愛がなければそれは決して輝かないよ


妥協しないで

1mmまでこだわりたい



愛をもって


どんなことでも

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。