恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

社員旅行5




かくもチームを守りつつ僕らの旅はつづきます~


5の巻


サウナに入り夕焼けも暮れ…


残すはこれだ!


『水と光りのショー☆』


これはみたい。ぜひみたい。



夜になりメインプールの広々としたホールに集合する面々。


湯に浸かりながらショーを堪能してくれということか。
なんと甘美な嗜好だろうか。


おっプールのわきに数多のウキワが!

これはみんなでイカダをつくるしかないな!!



完成させたウキウキイカダの上に寝そべりながら。

プカプカとショーが始まるのを待つばかり。


うっすらと音楽が聞こえる。




どこから流れているのだろう?


水の中だ。

耳を水面につけると聴こえてくる。オルゴールのような神秘的な音。

なんと手の込んだことを。

ふいにあたりが真っ暗になる。


ついにきたか!!


プールサイド外周全ての噴出口からスモークが勢いよく噴出されあたりは五里霧中に!


次の瞬間!ホールの上に仕込まれたムービングライトがくるっと回転し(その数約200)僕等がプカプカしている水面めがけて光りの雨が降り注ぐ!


すごい!

すごすぎる!

ここは天国かもしれない。

あまりの美しさにみな心が口から逃げてしまいそうになっている。



わぁ




わぁ~




わぁぁぁー




ん?なんだろう?

遠くから何か声が聞こえるような。




わぁー!!!





プールサイドからあまたの子供達がいっせいにプールに押し寄せてくる!!!(その数約6万人)





そうか、そういうことだったのか!!


さすが人気のショーだけあってこの機を見てファミリシアが続々参入してくるのだ。




僕等の乗っている即席イカダは風前の灯だった。



水面は子供達の投下により激しく揺れ、
動揺したクルー達がひとりまたひとりと大海原に投げ出されていく。




『隊長~!!今までお世話になりました!!』

ざっぱーん!


『松田ー!!』


『隊長~!!最後までおとも…ぐわ』

ざっぱーん!



『藤代ー!!』




『隊長!!残念ながら我が艦隊は…全滅です!』

ざっぱーん!



『ワトソーン!!』




うぐぐ、何と言うことだ。

最後のさいごにこんな一斉攻撃をうけるとは、皆のかたき私がとるぞ!!

かろうじてイカダにしがみつき舵をとる私。

できるだけプールの中央へとイカダをこいでゆく。
フフフ、ここまではさすがにこれまい!

ここからが我が…!



その瞬間遥か天井の噴水口からナイアガラ級の水がプールの中央に降り注いできました。




バッシャープ!!!





はっ!!?ゴボゴボゴボゴボ…

水が口の中に…


無念…





ショーのクライマックスは一大スペクタクルでした。そう、これは水と光りのショー。

水の規模でかない?…


もちろん子供達は大喜びです。



その後はというと、子供に混じってみんなでキャッキャッとはしゃぎましたとさ☆

スポンサーサイト
日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。