恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あたりまえのこと。

今日までブログをかけませんでした。

すみません、
ほんとはみんなを励ましたり、勇気づける言葉をたくさんつづればよかったのかもしれませんが


なにをかけば正しいのか、自分の中で判断がつきませんでした。


こういう状況の中、中途半端なものをのせるのはいやでしたので。


でも今日、どうしても伝えたいことをやっとかけそうです。



いま多くのこころが泣いているのを感じます。


指導者は人命を左右する判断をせまられています。


みんな、なにかしたい。力になりたいと本気で思っていても、


何をしたらいいか分からず、できることが限られていて無力感と焦燥感に苛まれています。


多くの仕事を失った人達が毎日の怠惰に無気力になっています。


日本中が不安の色に染まって、人々のこころがきりきりと泣いているのがきこえます。




みなさんはこの1週間どのような気持ちでしたか?

楽しかったですか?



僕は楽しくなかったです。


もしベンツを買ってもカラーテレビを買っても夜の街を買っても、楽しいとは思えないでしょう。



きっと多くの人達がそんな気持ちなのではないでしょうか?


もし日本中が“楽しくない気持ち”だったら、これはいけません。


大変よくないです。暗くなってネガティブになって心に穴があいたまま気力がおこらないです。


大切な人が笑わないで不安な顔をする世界。



そんなふうになってほしくないんですよ。




みんな痛いし悲しいし、余裕ないし怖いし笑えないしそりゃそうだけど。


でも、だからこそ。愛してあげてほしいんです。




大切なひとも、家族も、仲間も、隣にいるひととも、同僚も、自分自身も、


同じ街に住んでるひとも、嫌いだったひとも、亡くなったひとも、ぜんぜん会ったこともないひとだって


みーんな同じ米食って生きてきた“人”なのだから


愛して、大切にして、笑顔にしてほしい。


笑い合って、楽しくて、生きててよかったっておもってほしい。


愛する人には楽しくしてあげたいし大丈夫にしてあげたいって僕はおもいます。




愛することを忘れないでほしい。



ほんとにこころのそこから。





あたりまえのことだけど。


愛する人の笑顔、みたいでしょ。





スポンサーサイト
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。