恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

時には昔の話を









ジブリの中で唯一、大人のためにつくられたアニメを知っているだろうか?




そう『紅の豚』である。




僕は大人になってからこの作品が大好きになった。



なにせ舞台はイタリア アドリア海


飛行艇乗りにシャンソン歌手


大人心をぐっとつかむよ。








『飛行艇乗りの連中ほど気持ちのいい男達はいない。

それは海と空の両方が奴らの心を洗うからだ』




なんてかっこいいセリフもつい口にしてしまいそうになるね。




ご存知主人公のポルコは元は人間で魔法によって豚になってしまったのだが、



なぜ“豚”なのだろうと昔は少し不思議だった。



これはあまり知られていないが、ポルコは誰かに魔法をかけられたのではなく自ら豚の姿になったそうだ。



でもこの歳になって観返してみるとその気持ちもなんだかよくわかる。




仲間や大切な人を失った人間ならきっと共感できる気がします。




昔の仲間に会いたくなる。そんな時間を与えてくれる素敵な映画だなぁ。





『いいやつはみんな死んだ。』ってセリフが好きです。




スポンサーサイト

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今を生きる | HOME | 独りと孤独はべつのもの>>

この記事のコメント


紅の豚、、
久々に見てみたくなりました^^
2010-07-26 Mon 12:13 | URL | あみ [ 編集]
マイマイ新子と千年の魔法もすごくいいよ☆
2010-07-30 Fri 12:04 | URL | エミール [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。