恵美 秀彦の非日常気分

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ドロシーの帰還~始まります

kuusoukumikyoku.jpg


さて

はじまりますね。空想組曲。

僕のホーム空想組曲です。

今回も衣装プロデュースさせていただきました。



役者もスタッフもクオリティーが高い高い。


正直ここに出会わなかったら今の自分はいないです。








空想組曲VOL.7「ドロシーの帰還」

―ここに飛ばされてから10年が経った。
足りないものはまだ見つからない―


●ご挨拶

オズの魔法使い。
この物語は「竜巻によって知らない世界に飛ばされたドロシーが、家に帰る」と言う、ただそれだけのおはなしだ。
作者のボームは「教訓を伝えたいわけではなく、ただ楽しんでもらえる面白い物語にしたかった」と語っている。
確かにこの物語は抜群に面白い。多くの謎と畏れに満ちたオズの国。
そこに暮らす個性的過ぎる住人達との冒険譚。
だが、何の教訓も得られないかと言うと、そんなことはないと思う。
面白い物語は、作者の意図とは関係なく、必ず読み手に影響を与える。
物語がどんなに作者の想像上で完結していても、それを読む人間は作者の想像を超えた世界にいるからだ。
想像を超えた世界。つまり現実。
現実の人間は予測が出来ない。
どんなことに影響を受けるのか。その程度は。大きさは。
そしてそれは本当に良い影響なのか。

「ドロシーの帰還」は明るく楽しい想像世界と、理不尽な現実世界の両方を描いたファンタジーです。
この物語が、皆さんにどんな影響を与えるのかはまだ分かりません。
突然の竜巻に吹き飛ばされた後、そのまま家に帰れなくなるかもしれません。
ですが、それでも楽しんでもらえる面白い舞台になるよう、精いっぱいの絶望とほんの少しの希望を用意して、劇場にてお待ちしております。

空想組曲主宰 ほさかよう
●STORY

中高生に絶大な人気を誇る作家・高峰ドロシー。
彼女の残酷な世界に魅せられた子ども達は、
いつしか絶望の中に自分だけの物語を探しはじめる。
●CAST

藤田記子(カムカムミニキーナ/good morning N°5)
川田希
井俣太良(少年社中)
久保貫太郎(クロムモリブデン)
二瓶拓也(花組芝居)
小玉久仁子(ホチキス)
齋藤陽介
佐藤滋
北村圭吾
梅舟惟永(ろりえ)
小野川晶(虚構の劇団)
中田暁良(ミームの心臓)

中田顕史郎

●STAFF

【作 ・ 演出】ほさかよう
【舞台監督】藤本志穂(うなぎ計画)
【音響効果】天野高志
【照  明】榊美香(有限会社アイズ)
【舞台美術】松本わかこ
【演出助手】渡辺望(天幕旅団)/南慎介(Minami Produce)
【殺陣指導】梶武志(19’プロデュース)
【衣  装】恵美秀彦(emir heart.)
【イラスト】東京幻想
【宣伝美術】岩根ナイル
【制  作】る・ひまわり
【制作協力】塩田友克
【企画・製作】 空想組曲


dr_schedule.jpg





スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドロシーの帰還 感想 | HOME | Bar 紹介>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。